M・ベンツ、「未来型ディーゼル」について言及 4000億円投入の成果は?

18pt   2017-09-13 17:03
オートカー・デジタル - AUTOCAR DIGITAL

MB_electric_170913_001.jpg

ゼッチェ会長 電動化モデルを全車種に

ダイムラーのディーター・ゼッチェ会長は、2022年までに、すべてのラインナップに電動化モデルを用意すると発表した。

ゼッチェは、フランクフルト・モーターショーの会場で「2022年までにメルセデス・ベンツの全車種に、エレクトリファイド・バージョンを揃えます。これにより、カスタマーの選択肢を最大限に広げたいのです。今こそ、行動に移すときでしょう」と説明した。

約4000億円 ディーゼル開発に投入

一方でゼッチェは、ドイツの自動車産業がディーゼル問題で信頼を失ったことを認めつつも、次世代ディーゼルエンジンの技術開発に、€3 billion(3950億円)を投入したと話している。
 

next page開発が完了した「未来型ディーゼル」
   のりものアンテナトップページへ
自動車・バイクの話題が沢山。