トヨタ、新型「センチュリー」はV8 5.0リッター+THS IIのハイブリッド仕様に。2018年発売

28pt   2017-10-12 12:00
新型車情報局

1:trick ★:2017/10/07(土) 14:34:17.51 ID:CAP_USER.net トヨタ、新型「センチュリー」はV8 5.0リッター+THS IIのハイブリッド仕様に。2018年発売 - Car Watch
http://car.watch.impress.co.jp/docs/news/1084601.html
東京モーターショー2017で初公開
編集部:小林 隆2017年10月5日 14:03

3cc5aa73.png

1b0971f3.png

4a6eed89-s.jpg

 トヨタ自動車は10月5日、「第45回東京モーターショー2017」(会期:2017年10月27日~11月5日)に新型「センチュリー」を公開すると発表した。新型センチュリーは2018年年央に発売を予定する。

 3代目となる新型センチュリーは、高い環境性能や搭乗者の快適性を追求したパッケージの実現、センチュリーのヘリテージを継承しつつ新しい魅力を付与した内外装デザイン、ショーファーカーとしてふさわしい先進装備・快適装備の採用などに重点を置いて開発が進められた。

 トピックとなるのは新型センチュリーがハイブリッド仕様になったこと。具体的には直噴技術「D-4S」を採用したV型8気筒5.0リッター「2UR-FSE」エンジンを搭載し、ハイブリッドシステム「THS II」を組み合わせることでクラストップレベルの低燃費を追求。トランスミッションには2段変速式リダクション機構を搭載し、静かで滑らかな走行を実現するという。

 インテリアでは、高さを揃えた杢柄オーナメントを前席シートバッグやドアトリムショルダーに配すことで横方向の広がりを強調。シート表皮には、伸縮性に優れ柔らかい触感を持つ100%ウールの本物素材を採用したファブリック仕様と、柔らかな触感の最高級表皮を採用した本革仕様を設定した。前席では後席同様に杢柄を横基調に施すことで広がりを強調するとともに、インストルメントパネル中央部に黒杢加飾をあしらうことで、端正かつ品位ある質感を表現。

 また、ライティングテーブル、読書灯、大型ディスプレイ付リヤシートエンターテインメントシステム、20スピーカープレミアムオーディオといった快適装備が与えられる。 c?ro=1&act=rss&output=no&id=5314740&name
   のりものアンテナトップページへ
自動車・バイクの話題が沢山。