【2017新作スタッドレス】最新のハイト系専用スタッドレス「ウインタートランパス」に乗って感じた4つの進化

22pt   2017-10-13 17:33
clicccar.com(クリッカー)

ミニバン専用スタッドレスタイヤとしておなじみの「トランパス」。そのスタッドレスタイヤである「ウインタートランパス」が今シーズン性能を向上し「ウインタートランパスXT」へと進化しました。その進化ポイントはすでにお伝えしましたが、やはり気になるのは実際の走り。

そこでウインタートランパスXTを雪あり氷あり、アップダウンありのテストコースで試乗してきました。

TOYO02_S_E-20171011111607-800x533.jpg

試乗場所は北海道にある雪道あり、磨かれたアイスバーンあり、そしてかなりの上り下りもあるというけっこう過酷なテストコース。そのコースでトヨタ・エスクァイアやフォルクスワーゲン・ゴルフトゥーランというミニバンにウインタートランパスTXを履いて、従来品の「ウインタートランパスMK4α」を履いた同じ車種とも乗り比べながらドライブしました。

そんな試乗で印象に残ったことを4つのポイントにわけで紹介しましょう。

TOYO02_S_A-20171011111609-800x533.jpg

1.雪上での発進能力は予想以上にいい

試乗した日はやや気温が緩んだこともあって一部の路面の雪がやや溶けたシャーベット状とスタッドレスタイヤにとっては優しくないコンディション。しかし、走り出してすぐに感じたのはそんな条件の悪いコンディションでもしっかりとトラクションを稼げていたことでした。

グッとタイヤが路面をとらえてスムーズにクルマを発進させ、加速していく。その一連の動きからして手ごたえを実感できました。発進で安心できるタイヤは、信頼感が違います。

TOYO02_S_B-20171011111610-800x533.jpg

2.氷上ブレーキングも進化を実感

このタイヤが従来品に比べて向上したとしてメーカーが謳うのが「アイス制動」、つまり氷の上でブレーキをかけたときの「止まる力」です。まるでテストしてくれといわんばかりに、雪道の先には、クルマは日本の冬によくあるアイスバーン路面があるじゃないですか。しかも、表面が溶けて滑りやすくなった、とても手ごわい路面。こういう路面、スタッドレスタイヤの性能がダイレクトにモノを言うんですよね。

結論から言うと、従来品に比べてピタッと氷を捉えてグリップする力が増しているのは間違いありません。メーカーのPRポイントに偽りなしですね。従来品とトランパスTXで同じように氷上路面で比べると後者はより安心でき、もちろん安全性にも結び付きます。

TOYO02_S_C-20171011111610-800x533.jpg

3.絶対的グリップで差が明確に

従来品とトランパスTXで氷上でのグリップの違いが明確に感じられたのは、スケートリンクのような氷上路面での定常円旋回。同じように走っても従来品に対してトランパスTXは滑り始めるタイミングが遅いし、滑り始めたあとのグリップ回復が早い! コントロール性だっていい!

これ、過酷な冬の路面を走る時には如実な差となって現れることでしょう。

TOYO02_S_D-20171011111611-800x533.jpg

4.レーンチェンジでの操縦性も違った

パイロンスラロームで従来品とトランパスTXを比べてみると、トランパスTXではハンドル操作に対するクルマの動きが明らかに素直。雪上というクルマをコントールしにくい路面状況でも、まるでクルマがドライバーの意図に逆らうのをやめて素直になったかのように気持ちよく右に左に曲がるようになりました。レーンチェンジもしやすいですね。

こうして実際に過酷な路面の上で走らせてみると、しっかりと性能を身につけていることを実感できました。背の高いクルマに乗っているなら、今シーズンもっとも注目のスタッドレスタイヤといえそうです。

(工藤貴宏)

【関連記事】

【2017新作スタッドレス】ミニバン専用から「ハイト系専用」へと進化したスタッドレス「ウインタートランパス」の特徴とは?
https://clicccar.com/2017/10/13/519946/

あわせて読みたい

   のりものアンテナトップページへ
自動車・バイクの話題が沢山。