「マリカー」などの公道カート 相次ぐ事故やトラブルを受け、規制強化へ 赤尾灯やベルトを義務化 国交省

13pt   2017-12-07 07:00
くるまにあ速報

1: 2017/12/05(火) 15:30:05.86 ID:CAP_USER9 朝日新聞 2017年12月5日15時09分

外国人観光客に人気の公道カート。危険との指摘を受け、国土交通省は車体の安全基準を厳しくすることを決めた。
周りから見やすくするため地上1メートル辺りに赤の尾灯をつけ、シートベルトを備えることなどを義務づける方針だ。

5日、都内であった有識者会議で方針が示された。同省は年度内にも、道路運送車両法に基づく安全基準を改める。

公道カートは遊園地のゴーカートのような見た目。道路交通法では自動車と同じ扱いのため、運転には普通免許が必要で、ヘルメットの着用義務はない。
だが車体の安全基準を定める道路運送車両法上は「原動機付き自転車」扱いで、シートベルトの装備は義務づけられていなかった。

東京都内で連なって走る公道カート。ゲームのキャラクターの格好で乗る人が多い=10月4日午後、荒ちひろ撮影
c?ro=1&act=rss&output=no&id=6164522&name
   のりものアンテナトップページへ
自動車・バイクの話題が沢山。