トヨタ”GRスーパースポーツ”公開。「市販車の性能を向上させるのではなく、レーシングカーを市販車にした」

56pt   2018-01-12 14:30
Life in the FAST LANE.

| TS050の公道走行可能バージョン? |

001.jpg?resize=692%2C321

トヨタが突如発表を示唆していた「GRスーパースポーツコンセプト」の詳細を公開。
トヨタによるとこれはWECに参戦中のレーシングカー「TS050」とほぼ同じ構成パーツを持つとのことで、V6ツインターボエンジン、トヨタ・ハイブリッドシステム(THS-R)を装備。
これは「究極のパワーと環境性能を両立」したパワーユニットだとしており、GRスーパースポーツ自体もトヨタでは「次世だスーパースポーツ」と定義しています。
トヨタ発行のプレスリリースはこちら

一応ナンバープレートのようなものも付いている

トヨタいわく”「市販車をレベルアップさせてスポーツカーを作る」のではなく「レースで培ったノウハウを市販車に落とし込む」ことがGAZOO Racingの目的”。

↓ボディの下は完全にレーシングカー

24774889697_aa8eb1fa08_b.jpg?resize=692%

一方でトヨタはCESにおいて商用車となる「e-pallet」を発表していますが、トヨタ自らこのe-palletについては「(次世代の)幌馬車」と語り、そしてGRスーパースポーツコンセプトにおいては対象的に「(次世代の)自分の愛馬とも言える競走馬」と表現。

関連投稿
トヨタが次世代「商用EV」公開。ピザハット、アマゾンとも提携しオリンピックにも投入

自動車が今後公共色を強めてゆく中で、「自分の意志で自由に移動したい、どこまでも遠くに、誰よりも早く、美しく移動したい」という欲求は不変であるとも述べており、”クルマを面白くする”というTOYOTA GAZOO Racingの挑戦と意気込みが感じられる車だと言えそう。

39643456571_3ae478205e_b.jpg?resize=692%

トヨタはしばらく前に、「TS050の技術を採用した、カーボンモノコックフレームを持つスポーツカーを開発中」と報じられており、一時はそれがスープラになるかという噂もあったものの、そのスポーツカーとは今回の「GRスーパーポーツコンセプト」であった、ということになりそうです。

↓ノーズにはトヨタのエンブレム

39643456291_0bee2e04f7_b.jpg?resize=692%

なお多くの自動車メーカーが「自動車を個人で所有しなくなる時代が来る」とは考えており、しかし一方で「そう言った時代でも必ず個人として自動車を所有したいという要望はけしてなくならない」とも信じており、トヨタもその例にもれないようですね。

関連投稿
ベントレー「将来自動車がどう変わろうとも、自分で車を所有し高級さを求める人々は必ずいる。絶対にだ」
個人で自動車を所有しなくなった時代、「未来」のブガッティはこうなる?「BUGATTI JEAN」
ジャガー「自動車の個人所有が過去のものとなる時代が来る」。2040年モデル「フューチャー・タイプ」発表

なお、GRスーパースポーツコンセプトのスペックは下記の通り。
画像を見るとTS050に近いシルエットを持っているものの、キャビンはFT-1風のラップラウンド型ウインドウを持っており、ちょっとだけ市販車に近づいているようですね(一応ナンバープレート装着を前提としている)。

GRスーパースポーツコンセプト
エンジン:V型6気筒直噴ツインターボ
エンジン排気量:2,400cc
出力:735kW/1000ps(エンジン+ハイブリッドモーター)
ハイブリッドシステム:トヨタハイブリッドシステム・レーシング(THS-R)
ホイールサイズ:F18×13J R18×13J
タイヤサイズ:F330/710R18 R330/710R18 TS050はこんな車だ

レーシングカー、TR050のスペックは下記のとおりとなっています。

2016-ToyotaTS050-02.jpg?resize=692%2C519

トヨタTS050
型式:LMP1-H(ル・マンプロトタイプ・ハイブリッド)
車体構造:カーボンファイバー構造
ギヤボックス:横置きシーケンシャル6速
サスペンション:独立懸架ダブルウイッシュボーン(前/後)
ブレーキキャリパー:2系統油圧式ブレーキシステム、アケボノ製モノブロック軽合金キャリパー(前/後)
ブレーキディスク:ベンチレーテッド・カーボンディスク(前/後)
ホイール:レイズ製マグネシウム鍛造ホイール
フロントホイール:13 x 18インチ
リアホイール:13 x 18インチ
フロントタイヤ:31/71-18
リアタイヤ:31/71-18
全長:4650mm
全幅:1900mm
全高:1050mm
パワートレーン:トヨタハイブリッドシステム・レーシング(THS-R)
エンジン V型6気筒直噴ツインターボ
エンジン排気量:2400cc
エンジン出力:367kW/500PS
ハイブリッドパワー:前輪モーター+後輪モーター:367kW/500PS
パワーユニット最高出力:735kW/1000PS(エンジン+ハイブリッドモーター)
蓄電装置:ハイパワー型リチウムイオン電池
前輪ハイブリッドモーター:アイシンAW製
後輪ハイブリッドモーター:デンソー製 関連投稿
トヨタが新型TS050ハイブリッドを公開。小林可夢偉、中嶋一貴も参戦し打倒ポルシェを狙う

Copyright © 2018 Life in the FAST LANE. All Rights Reserved.

   のりものアンテナトップページへ
自動車・バイクの話題が沢山。