【東京オートサロン2018】脇阪寿一と橋本洋平、まるも亜希子夫妻がモデリスタ、TRDなどトヨタ系ブースを回って解説するトークショーが必見!

6pt   2018-01-13 15:09
clicccar.com(クリッカー)

トヨタ関連ブースでは、まもなく会社としては一緒になることが発表されたモデリスタ、TRDのコンセプトカーやカスタマイズカーが多数展示されています。そんな車両を中心に、業界初!?の夫婦揃って自動車評論家という橋本洋平、まるも亜希子夫妻が、脇阪寿一さんとブースを回りながらモデリスタ、TRD、トヨタ自動車の3ブランドについて紹介していくぶらり歩きトークショーが見られます。

B87X0077-20180113134253-800x533.jpg

モデリスタブースでまず二人が注目したのが人気のSUV、トヨタC-HRをベースとしたコンセプトモデル、SONIC EMOTION C-HR CONCEPTです。この車両は市販とはとりあえず切り離して考えられたコンセプトカー。けれど、モデリスタブランドであるため、それなりのこだわり部分があるようです。「最近は安全装備の普及によって一体型のバンパースポイラーなどは開発しづらくなっています。しかし、このSONIC EMOTION C-HR CONCEPTのフロント部分は標準車のバンパーに一体型のスポイラーを被せるタイプなので、安全装備の作動に対する不安がありませんね」と橋本さんは話します。

EV7A0166-20180113134337-380x253.jpg B87X0034-20180113134233-380x253.jpg

また、まるもさんはSONIC EMOTION C-HR CONCEPTの塗装に注目。「純正色にはないので、全塗装していると思いますが、金属調塗装を施されたアンダー部やホイールアーチ部を含めたクオリティは、さすがワークスブランド!という高さを誇っていますね」と細かい部分にまでチェックを行います。

B87X0056-20180113134246-380x253.jpg B87X0023-20180113134231-380x253.jpg

「SONIC EMOTION C-HR CONCEPT」に装着されているアルミホイールのサイズは鍛造の20インチ8.5J、タイヤは245/35R20です。装着されているブレーキシステムはフロントが8ポッド。リア6ポッドという大容量ブレーキシステムで、「これはあくまでもコンセプトモデルですが、市販化されるときはどのくらい再現されるのか楽しみです。」とまるもさんが話すと、橋本さんは「C-HRは現在、最も人気の高いクルマなので、街中でもよく見かけます。しかし、モデリスタのエアロパーツを装着すると、人気車であってもほかの人のクルマとはひと味違うという優越感がもてるのがいいですね」と話してくれました。

B87X0069-20180113134249-380x253.jpg 20180113TAS2018_137-20180113134216-380x2

TRDブースでは13年振りに日本国内に導入されたピックアップトラックのハイラックスが展示されています。ブース内にはアジアクロスカントリーラリーに参戦したラリー車と荷台にTRD製のキャノピーを装着して、SUVへと変更した2台をチェックします。

「キャノピーを装着すると、ハイラックスサーフを彷彿させますね。ピックアップトラックでも一定数の需要はあると思いますけどキャノピーが装着できれば、ちょっと変わったSUVがほしい人にはピッタリですね」とまるもさんは話します。

EV7A0175-20180113134340-380x253.jpg

橋本さんは「ラリー車と同じオーバーフェンダーが無骨な感じでいいですね。ランクル60や70が持っていた骨太のイメージが逆に現在では新鮮に感じます」とのことです。

最後のトヨタ自動車ブースでは、正式発売前のクラウンコンセプトをベースにモデリスタ、TRD、純正パーツが手掛けた3台のカスタムカーとニュルブルクリンクでテスト走行を行ったカモフラージュを施した開発車が展示されています。

B87X0087-20180113134257-380x253.jpg B87X0104-20180113134311-380x253.jpg

橋本さんは「国内専用車のクラウンをニュルブルクリンクでテストを行うというのが、革新的なことです。それだけ、新型クラウンの走りに心血を注いでいるということでしょう。」と話します。一方のまるもさんは「発売前のクラウンをベースにカスタムカーを展示してしまうなんて、メーカーだからこそできるウラ技じゃないでしょうか。きっと、クラウンが来年のオートサロンの主役になっているかもしれませんね」と早くも来年のオートサロンを予言してくれました。

EV7A0129-20180113134333-380x253.jpg B87X0092-20180113134300-380x253.jpg

クラウンコンセプトモデリスタを見て、まるもさんは「様々な部分にメッキのパーツが使用されていますが、単なるメッキではなく漆黒メッキというこだわりのパーツを使用しているのが、とてもおしゃれですね」と細かい部分にまで目を配ります。

EV7A0115-20180113134328-380x253.jpg 20180113TAS2018_152-20180113134218-380x2

一方の橋本さんは「TRDのクラウンコンセプト。これ僕にはド真ん中ですね。マットブラック塗装のボディにギリギリまで下げた車高。市販車ではここまで下げることはできないと思いますけど、まるでステレス戦闘機のような雰囲気が漂っていて、とてもカッコイイです」と少々興奮気味です。

EV7A0121-20180113135129-380x253.jpg 20180113TAS2018_157-20180113134219-380x2

トヨタ純正パーツの開発者にシート表皮に西陣織を使用していると聞いたまるもさんは「パッと見たとき全然気づきませんでした。とてもモダンですし、日本を代表するクラウンに日本の伝統工芸というのはピッタリ合いますね」と感心していました。

3つのブースを見終わった二人に感想を聞いてみると「安全装備などが進化し、便利になる一方で、バンパーを交換や車高を落とすしづらくなっています。しかし、モデリスタやTRDといったメーカー純正のアフタパーツならば、クオリティが高い上に、そういった機能性も担保されています。安心・安全のカスタマイズをするには純正パーツというのは納得ですね」と答えてくれました。

EV7A0180-20180113135249-380x253.jpg 20180113TAS2018_158-20180113134221-380x2

少し離れたステージ上から展示車両の解説をするシーンはよくありますが、会場を回りながらクルマに直接触れて解説していくの滅多に見られないものでしょう?

モデリスタブースでは、スマートホンや会場のタブレットで答えるアンケートを実施中。答えてくれた方には卓上カレンダーなどモデリスタグッズをプレゼント。モデリスタブースに足を運んでみてはいかがでしょうか。

(萩原 文博)

あわせて読みたい

   のりものアンテナトップページへ
自動車・バイクの話題が沢山。