アウディA7スポーツバック 50 TDI Sport

27pt   2018-02-13 10:10
オートカー・デジタル - AUTOCAR DIGITAL

a7-50-tdi_180211-06.jpg

もくじ

どんなクルマ?
CSLに対抗するアウディ流の方向性
シャープなスタイリングが包む、先進性の高さ

どんな感じ?
ボディサイズは若干小さく、車内は若干広く
A7はドライバー・オリエンテッド
余裕を生む、A8と共通のパワートレイン
テクノロジーが提供するリラックスした乗り味

「買い」か?
クール・ビューティなクルマ

スペック
アウディA7 スポーツバック 50 TDI Sportのスペック

どんなクルマ?

CSLに対抗するアウディ流の方向性

アウディA7 について語るとき、プレミアムな5ドアクーペであるメルセデス・ベンツCLSについて触れない訳にはいかないだろう。

グランドツーリング・ラグジュアリークーペという新たなモデルカテゴリーを創造したクルマこそ、2004年に登場したCLSだからだ。初代A7は2010年にリリースされたが、CLSに対してのアウディ流の回答であり、ライバルの存在を決して無視できる内容ではなかった。

a7-50-tdi_180211-05.jpg

今回の2代目となるA7スポーツバックは、3代目CLSが発表される直前に登場することになった。

一見すると、両モデル共に微妙なニッチマーケットに対して似たようなアプローチをとっているように思える。マーケットのニーズに応えるべく、スタイリングの良さとスポーティさ、動力性能の高さを備えつつも、広い室内と快適性を重視している。

A7はA6と、CLSはEクラスとプラットフォームを共有し、どちらも新しいエンジンに48Vのマイルドハイブリッド・システムを搭載している事も特長だ。加えて両車は、フラグシップサルーンのA8やSクラスから技術的な面の流用を受けている事も共通。

a7-50-tdi_180211-09.jpg

一方で、大幅にスタイリングの見直しを受けた新型だが、メーカーとして現在のモデルの方向性をどう捉え、何を優先にしたのかで、両車の仕上がりは随分と異なっているようだ。

next pageシャープなスタイリングが包む、先進性の高さ
   のりものアンテナトップページへ
自動車・バイクの話題が沢山。