フィアットが1958年の特別モデルを復刻。ワンオフモデル、そして市販用モデルを公開

32pt   2018-07-11 22:00
Life in the FAST LANE.

| 乗用玩具に見えるけどそうじゃない |

spiaggina-by-garage-italia-2.jpg?resize=

1958年に発売されたというフィアット500のスペシャルモデル、「Spiaggina」が復刻されることに。
復刻に際して作られたのが画像のワンオフモデル、その名も「Spiaggina」。
製作したのはフェラーリ副社長、ラポ・エルカーン氏が主催するガレージ・イタリア・カスタムズとピニンファリーナ。
なおラポ・エルカーン氏はフィアット創業者一族出身であり、かつフィアット在籍時には現行フィアット500を復活させた張本人。

関連投稿
これまでで「最もハイレベルなカスタムの」パガーニ・ウアイラ”ランポ”登場。オーダーしたのはフェラーリ役員

セレブなビーチ仕様を見てみよう

ボディカラーはスカイブルーとパールホワイトで、内装もやはりボディカラーとマッチしたカラーに。
フロントウインドウはほとんど「ない」というくらいにチョップされています。

43154674172_fee9e07574_b.jpg?resize=692%

なおインテリアは防水仕様。
フロアマット、リアデッキはウッド調となっています。

42300179335_f12978b8bd_b.jpg?resize=692%

リアにはロールバーが装備。
ホイールはレトロ調ですね。

28334888997_84c780bd36_b.jpg?resize=692%

リアにはシャワー付き。
ビーチで遊んだあとに体を洗うという使い方なのかもしれません。

43154674532_2798010f0c_b.jpg?resize=692%

フロントシートは「ベンチシート」に改造済み。

43154674712_b93f2c4dab_b.jpg?resize=692%

リアハッチはこんな感じで開閉。
デザインや内装の仕上げはガレージ・イタリア・カスタムズ、そして車体の物理的な構造変更はピニンファリーナが担当した、とのこと。

43154674942_8efbaff05c_b.jpg?resize=692%

なお、フィアット創業者ジョヴァンニ・アニェッリ氏の孫で、ラポ・エルカーン氏の祖父にあたるジャンニ・アニエッリ氏がカスタムして乗っていたのが「フィアット・ムルティプラ・スパイダー」。
用途としてはやはり「ビーチ」だと思われ、二世代を経ても「同じような」車をつくるあたり、「血は争えない」と言えそうですね(両者とも生粋のモテ男として知られる)。

24409464208_c3c581513f_b.jpg?resize=692%

こちらは市販モデルの「Spiaggina ’58」

フィアットは上述の「ワンオフモデル」のほか、1958限定となる「普通の」Spiaggina ’58も発表。

41394078480_181518f339_b.jpg?resize=692%

ボディカラーは「ボラーレ・ブルー」で、インテリア、ホイールはアイボリー。
グリル、ヘッドライト、フォグランプベゼル、ドアミラー、ドアハンドルやホイールにはクロームが使用され、ホイールの形状そのものも「レトロ」に。

43154674332_6e1c32e593_b.jpg?resize=692%

インテリアはアイボリーとグレーのツートーンとなり、ダッシュボードはボラーレ・ブルー。
キャンバストップにもグレーが採用されているようで、なんともエレガントな限定モデルだと思います。

28334888627_58ed46a4a2_b.jpg?resize=692%

Copyright © 2018 Life in the FAST LANE. All Rights Reserved.

   のりものアンテナトップページへ
自動車・バイクの話題が沢山。