マツダ・アクセラのフルモデルチェンジは2019年後半、SKYACTIV-X搭載

31pt   2018-08-10 08:33
乗り物速報

1: 2018/08/09(木) 11:17:04.66 ID:LmC4qopH0● 

前回の東京モーターショー2017では、次期アクセラとしての市販が想定されるデザインスタディモデル、魁(KAI)コンセプトが発表されていた。
その後、開発は進められており、想定される発売時期は2019年の夏-秋ごろ。
やはり欧州が主力市場と考えられており、遅くとも9月のフランクフルトモーターショーでの市販型の完成車体公開が予想される。
パワートレインでは新開発のSKYACTIV-Xが搭載される。
SKYACTIV-Xは排気量2.0Lながらも、予混合圧縮着火技術の採用により2.5Lクラスの出力トルク性能が期待される。
アクセラではハイパフォーマンスグレードの位置付けとなるだろう。

c?ro=1&act=rss&output=no&id=5647555&name

   のりものアンテナトップページへ
自動車・バイクの話題が沢山。