最強のホットロッド W109 メルセデス300 SEL 6.3 を車検整備中

22pt   2018-09-14 12:17
オートカー・デジタル - AUTOCAR DIGITAL

mer_0914_top.jpg

mer_0914_001.jpg


mer_0914_002.jpg


メルクライムの生天目です。
いつも“タテ目”のメルセデスで賑わう当社ですが、
今日はW109 300SEL 6.3を車検整備でお預かりしています。

クラシック&スポーツカーの記事で『最強のホットロッド』と謳われた300SEL 6.3。
記事中では後継モデルの450SEL 6.9と共に取り上げられていますが、
そのパフォーマンスは当時のポルシェ911やフェラーリをも凌駕するほどだったということです。
 
 

mer_0914_003.jpg


mer_0914_004.jpg


重く巨大な600用のV8 “M100”エンジンをそのノーズに納める300SELですが、
エアサスペンションの恩恵もあり、その重さがハンドリングをスポイルすることはありません。
エンジンルームの左前方に鎮座するのが、そのエアサス駆動するためのコンプレッサーです。
シングルピストンのコンプレッサーのヘッドには単気筒の空冷モーターサイクルを思わせる
冷却フィンが刻まれ、それ単体でも鑑賞に堪えうる美しさを持っていますね。

   のりものアンテナトップページへ
自動車・バイクの話題が沢山。