三菱アウトランダーPHEV

28pt   2018-09-14 12:10
オートカー・デジタル - AUTOCAR DIGITAL

mitsubishi-outlander-phev_180914_01.jpg

もくじ

どんなクルマ?
3度目の小改良 WLTPサイクルに対応
新エンジン、排気量拡大 バッテリー性能も向上

どんな感じ?
リラックスできるクルマ
細かい点で洗練性を増している
価格に及ばぬ上質感

「買い」か?
唯一無二の存在

スペック
三菱アウトランダーPHEVのスペック

どんなクルマ?

3度目の小改良 WLTPサイクルに対応

英国で最も売れているプラグインハイブリッドは三菱アウトランダーPHEVだが、今回はこの2019年モデルの中級グレード「4h」に、英国内で初めて試乗することができた。

「PiCG」と呼ばれる超低エミッション車への補助金が適用され、価格は3万5000ポンド(508万円)以下から購入できる。

アウトランダーPHEVは2014年に登場して以来、3回の小改良を受けており、ラインナップも拡大している。

今回の小改良のポイントは新基準であるWLTPへの対応だ。現在販売されている多くのPHEVは、旧基準が適用されていた8月までに審査を通過したクルマで、アウトランダーはWLTPの基準に対応できている数少ないPHEVの1台だ。

mitsubishi-outlander-phev_180914_02.jpg

例えば、フォルクスワーゲン・ゴルフGTEやBMW 330eは現在、販売を停止しているが、これはWLTPへの対応ができていないためである。とはいえ、しばらくの間は改良前のモデル在庫が販売され、見つけるのは難しくないだろう。

三菱としてはこのタイミングで、乗り換えを考えている他社製のPHEVオーナーを取り込んでおきたいところだ。そして、三菱がスムーズに納車することができれば、そのチャンスは十分にある。

クルマが会社から支給されている場合は13%の税金を払っているが、もし内燃機関のみを搭載する自動車に乗り換えると、税率が2倍以上に跳ね上がるからだ。

next page新エンジン、排気量拡大 バッテリー性能も向上
   のりものアンテナトップページへ
自動車・バイクの話題が沢山。