ヤマハが「トリシティ」に続く「LMW」第2弾・「ナイケン」を178万2000円で発売

18pt   2018-09-14 16:03
clicccar.com(クリッカー)

2018年9月13日、ヤマハ発動機は、845ccの水冷直列3気筒エンジンを搭載した「LMW」の新製品「NIKEN(ナイケン)」を受注生産にて発売すると発表しました。全国の「NIKEN」取扱店にて13日より予約受付を開始しています。「LMW」は「Leaning Multi Wheel」の略で、モーターサイクルのようにリーン(傾斜)して旋回する3輪以上の車両の総称で、同社の商標。

28eaf10578fdad7c5d3bb5281e7f8a29-2018091

「NIKEN」は、進化したLMWテクノロジー(パラレログラムリンクを用いたサスペンションと操舵機構で軽快感と安定感の両立に貢献する技術)が生み出す、安定感に支えられたコーナリング性能と長距離でも快適に過ごせる上質なクルージング性能を両立させた次世代LMWという位置づけ。

「TRICITY(トリシティ)」にも採用されているLMWテクノロジーに、専用開発された新ステアリング機構を搭載することで、LMWならではの安定感のみならず、スポーティで滑らかな旋回性や自然な操舵性を実現しているそう。

注目の新ステアリング機構は、スポーティな旋回性と安定感を両立させるため、「TRICITY」の機構を進化させた新ステアリング機構「LMWアッカーマン・ジオメトリ」を採用。

f3899fb52836fbef668ddaef2841709c-2018091

これにより、自然な操舵感、リーン特性をもたらすほか、また、外側片持ちフロントサスペンション(倒立式/タンデムフォーク)、410mmトレッド、2軸ステアリング機構により、45度のバンク角を実現。2軸ステアリング機構は、約50:50の理想的な前後重量配分をもたらし、優れたハンドリングにも貢献するとしています。

また、高い安定感に加えて、各種制御技術の投入により長距離ツーリングでもリラックスして走ることが可能で、走行中だけでなく目的地に到着した後も、より楽しむことができるモデルでもあるそう。

 

デザインは、独自のメカニズムを活かした、かつてない走りを予感させる斬新かつ未来的なスタイルで「攻めのLMW」を表現し、上質と性能を両立。

フレームは工法と材質(アルミ&スチール)を使い分けたハイブリッド・フレームで、リヤアームは優れた剛性・強度バランスをもたせるため、アルミ鋳造+パネル溶接を採用。ディメンジョンもトレッド、キャスター、リヤアーム長などを整え、優れた旋回性を実現したとしています。

c3f202b0ace4ab4b2ec69db5b0cf664b-2018091

タイヤは、スポーツバイク並みのハンドリングと優れた走行性能を発揮するため、「NIKEN」専用120/70 R15のVレンジタイヤをフロントに採用。タイヤメーカーと共同開発し、優れたグリップ性、耐摩耗性、ウエット性能が特徴としています。

コントラストの強いシルエットにより、スポーティな運動性能を視覚化、上質で刺激的な走りを予感させるスタイルを採用したという「NIKEN」。価格は178万2000円です。

(塚田勝弘)

f3899fb52836fbef668ddaef2841709c-2018091 3fec06447dbe6251be6f59801b449712-2018091 2018091301_007xx_NIKEN_design_4000-20180 28eaf10578fdad7c5d3bb5281e7f8a29-2018091 7ba5a62bd953250b755c2f421c15e403-2018091 2bd9909a66c109fa29d35c786ad0e6e2-2018091 75189fe409c1be1e8d5ce26af154536d-2018091 c3f202b0ace4ab4b2ec69db5b0cf664b-2018091

あわせて読みたい

   のりものアンテナトップページへ
自動車・バイクの話題が沢山。