マツダCX-5改良新型、GVCプラス採用 2.5ℓターボ車/ディーゼルMT車/特別仕様車

15pt   2018-10-11 11:31
オートカー・デジタル - AUTOCAR DIGITAL

CX-5_181010_000.jpg

CX-5_181010_000.jpg

もくじ

2.5ℓターボ 世界初の技術
G-ベクタリング・コントロール・プラス
エクスクルーシブ・モードとは MT車も
安全装備/価格/発売日は?

2.5ℓターボ 世界初の技術

マツダが、改良新型CX−5を発表した。現行型としては2度目の改良となる。ここでは4つの大きなトピックを紹介したい。

1. 新制御を採用した2.5ℓターボ

2. 新G−ベクタリング・コントロール

3. ディーゼルのMT車/特別仕様車の追加

4. 衝突回避支援ブレーキの夜間歩行者対応

CX-5_181010_002.jpg

SKYACTIV-Gとして日本初の2.5ℓガソリン・ターボ車となる「25T」は、世界初の新制御を採り入れたエンジンを搭載する。

・最高出力:230ps/4250rpm
・最大トルク:42.8kg-m/2000rpm

公式発表前にテストコースで試走することができたのだが、われわれがターボエンジンと聞いて思い浮かべるものと明確に異なるのは、レスポンスと加速フィールだ。

ダイナミック・プレッシャーターボという技術は、第1に低速域のターボラグをなくすために排気マニフォールドからタービンまでの排気通路にシャッターバルブを設けている。低回転域では排気経路を狭めて、排気ガスの流速とタービンの駆動力をアップし、過給能力を向上。高速域ではバルブを開き、排気ポート全体を使ってタービン効率を高める発想だ。「排気脈動の制御」に着目した世界初の技術だという。

CX-5_181010_003.jpg

さらに、従来の4−1集合マニフォールドを4−3−1集合へ改良。燃焼温度を低下させ、中高負荷領域で高出力と広い燃費領域を実現するクールドEGRを導入。

過給エンジンでレギュラーガソリン仕様ながらも、どこからでもスロットルの動きに反応し、高回転域の伸びと4ℓNA並みのトルクを味わえる。加速するのがクセになりそうなユニットだ。その足もとを支える制御も新しくなっている。
 

next pageG-ベクタリング・コントロール・プラス
   のりものアンテナトップページへ
自動車・バイクの話題が沢山。