アクアとかいう後部激狭な車がノートを抜き10月販売台数一位に 軽はいつもの箱

14pt   2018-11-08 05:38
乗り物速報

8d0c7e45-s.jpg
1: 2018/11/07(水) 23:19:31.62 ID:KiBPoPJF0 

自販連(日本自動車販売協会連合会)と全軽自協(全国軽自動車協会連合会)が6日、10月の新車販売台数を発表しました。
それによると、登録車の販売台数が前年同月比で13%増の26.1万台と伸びており、軽自動車についても、同11.7%増の15.7万台と伸びています。

車種別で見ると、登録車ではトヨタ「アクア」が10,405台(前年同月比+3.7%)で首位、2位は同「シエンタ」で9,840台(+47%)、
3位が日産「ノート」で9,740台(3.6倍)となっており、3ヶ月ぶりにアクアが首位に返り咲いています。

また軽自動車ではホンダ「N-BOX」が20,512台(前年同月比‐3.4%)で首位、2位はダイハツ「ムーヴ」で11,820台(‐15.4%)、
3位はスズキ「スペーシア」で11,813台(+72.1%)となっており、ホンダN-BOXが1年以上に渡り首位を維持する形となっています。
c?ro=1&act=rss&output=no&id=5647555&name

   のりものアンテナトップページへ
自動車・バイクの話題が沢山。