今期の売上高30兆円目前ながらも、トヨタ自動車が抱える厳しい懐事情とは?

20pt   2018-11-08 08:03
clicccar.com(クリッカー)

トヨタ自動車が11月6日、2019年3月期(2018年4月‐2019年3月)の連結業績予想を上方修正しました。売上高が前年度を上回る見通しとなり、当初予想の29兆円(前年度比‐1.3%)から過去最高となる29.5兆円(同+0.4%)に引き上げ、「30兆円」の大台に迫る状況に。

欧州でHVの販売が伸び、タイやインドでも販売が好調だったことから、2018年9月中間連結決算についても、増収だったそうです。

一方、新聞報道などによると、同社はこの先自動車産業が変革期を迎えるにあたり、ビジネスモデルの転換(ソフトバンクとの提携等)に加え、既存事業の収益力強化を必要としている模様。国内市場の販売台数低下や、北米での原材料価格上昇、中南米の通貨安などで営業利益が落ち込んでおり、日産・ホンダに対して遅れをとっている中国市場での販売拡大が必要な状況とか。

今後も自動運転車やEV開発等に伴う投資も嵩むことから、北米市場向けHV用パーツの現地生産化など、各種対策を検討しているようで、当面、営業利益確保に向けた厳しい舵取りが続くようです。

Avanti Yasunori

【関連記事】

10月の国内新車販売台数でトヨタ「アクア」が3ヶ月ぶりに首位に返り咲き!
https://clicccar.com/2018/11/07/649864/

トヨタの上半期世界販売が過去最高を更新。レクサスが中国市場で販売好調
https://clicccar.com/2018/10/31/646316/

トヨタ自動車が「全店全車種販売」「販売車種半減」に踏み切る訳は?
https://clicccar.com/2018/10/24/643195/

トヨタが次世代環境車(EV・FCV)の商品化加速に向けた新組織を立ち上げ
https://clicccar.com/2018/10/14/639626/

トヨタ自動車、系列店ごとの新車販売から「全店・全車種販売」へ移行か?
https://clicccar.com/2018/09/28/633483

あわせて読みたい

   のりものアンテナトップページへ
自動車・バイクの話題が沢山。