マツダCX-8、2018~2019日本自動車殿堂カーオブザイヤーに

23pt   2018-11-08 13:45
オートカー・デジタル - AUTOCAR DIGITAL

CX-8_181108_001.jpg

CX-8_181108_001.jpg

マツダとして4回目の受賞

マツダのクロスオーバーSUV、マツダCX-8が、「2018〜2019日本自動車殿堂カーオブザイヤー」を受賞した。

マツダ車が同賞を受賞するのは、2015年の小型オープンスポーツカー「マツダ・ロードスター」に続いて4回目。

CX-8は、多人数乗用車の新たな選択肢として2017年12月に発売された、マツダの国内ラインナップにおける最上位SUVだ。日本自動車殿堂による選考においては、
・スタイリッシュな3列シートSUV
・卓越した運動性能と効率的な室内空間
・運転負荷の軽減と先進の予防安全技術
が評価された。

CX-8_181108_002.jpg

国内の3列シートSUV市場は拡大する傾向にあり、その中でCX-8は、2018年上半期において、3列シートSUVとして最も多い累計販売台数を記録。顧客の声には「ゆったり遠くへ気持ち良く走れる」「想像以上の上質感かつ低燃費」といったものが多いという。

また、平成29年度のJNCAP自動車アセスメントにおいて、「衝突安全性能評価ファイブスター賞」を最高得点で受賞。また、同アセスメントの予防安全性能評価においても最高ランク「ASV++」を満点で獲得しており、衝突被害軽減から事故リスク低減まで、優れた安全性能を兼ね備えている。

   のりものアンテナトップページへ
自動車・バイクの話題が沢山。