BMW E3エステート コンディション「新車以上」 実走状態は現存唯一、販売へ

13pt   2018-11-09 21:25
オートカー・デジタル - AUTOCAR DIGITAL

csc-bmw-e3-estate_181109_01.jpg

もくじ

E3セダンをベースにコーチビルト
当時最速のエステート
類い稀なコンディションに
スムーズな走り 1185万円で販売中

E3セダンをベースにコーチビルト

このクルマは世界で唯一、実走状態で現存するBMW E3エステートだ。このクルマをしらないひとのために解説しておくと、これは70年代のBMW E3セダンをベースにコーチビルドされたクルマだ。12台が製造されたといわれている。

このうち、少なくとも3台がスクラップされ、2台がワゴンに改造され、残りは行方不明だ。したがって、このJGT 587Nは現在所在が確認されている唯一の実走車両だ。

csc-bmw-e3-estate_181109_02.jpg

英国では1960年代や70年代にコーチビルトのエステートが登場し始めた。しかし、多くの場合それらはラドフォードやクレイフォードなどのような小規模のスペシャリストによるもので、BMWなどのような大企業が手がけることはなかった。

csc-bmw-e3-estate_181109_03.jpg

しかし、BMWの英国へのインポーターであるBMWコンセッショナリーズがこの特注エステートを発案したのだ。テムズ・ディットンにある英国最大のディーラー、ラングレー・モーターズの協力を得て、経験豊富なFLMパネルクラフトとともに開発にあたった。

この開発のカギとなったのは、適合するリアエンドを持つ他車を見つけることであったという。パネルクラフトのボス、ノビー・フライはクレイフォードのアイデアを借り、オースティン・マキシのリアを使うことにした。

next page当時最速のエステート
   のりものアンテナトップページへ
自動車・バイクの話題が沢山。