目黒区が自転車シェアリング開始、他区との相互乗り入れにも対応

3pt   2019-01-11 04:38
乗り物速報

e8d174a6-s.png
1: 2019/01/10(木) 17:29:30.81 ID:IuXyVQd99

目黒区が自転車シェアリング開始、他区との相互乗り入れにも対応

東京都の目黒区は、自転車シェアリング事業「目黒区自転車シェアリング」を1月16日から開始する。
2022年3月31日までの実証実験という形で、運営はドコモ・バイクシェア。すでに同種の事業を展開する
9区と連携し相互乗り入れにも対応する。

自治体が事業主体となりドコモ・バイクシェアが運営する自転車シェアリングサービスは、2014年に
千代田区が開始した「ちよくる」を皮切りに、東京23区では中央区、港区、新宿区、文京区、江東区、
品川区、大田区、渋谷区、練馬区の10区ですでに提供されている。このうち練馬区を除いた9区は、
相互に乗り入れ可能な「広域相互利用」に対応している。

「目黒区自転車シェアリング」は、23区内では11区目にあたり、事業開始時は試験的に9区との
相互乗り入れにも対応する。

c?ro=1&act=rss&output=no&id=5647555&name

   のりものアンテナトップページへ
自動車・バイクの話題が沢山。