【東京オートサロン2019】新型ジムニーのドレスアップモデルの注目は、公道走行可能な「男っぽい」モデルと「女子受け」しそうなモデル

33pt   2019-01-12 11:23
clicccar.com(クリッカー)

●「公道走行可能」なカスタマイズ。スズキ・ジムニー注目の2台

2018年の新車を代表する1台といえば、話題性からも手が届く気軽さからも新型ジムニー/ジムニーシエラだったと思います。「オートサロン2019」でも新型ジムニーをドレスアップしたモデルが出ていましたのでご報告します。

JIMNY_4-20190112103020-800x533.jpg

スズキコンプリートの出展者名で「ジムニーヴィンテージPKG」を出展したアウトクラスカーズは、徳島市にあるスズキ車のコンプリートスペシャリスト。

JIMNY_1-20190112103018-380x253.jpgJIMNY_6-20190112103022-380x253.jpg

「ジムニーヴィンテージPKG」は、同社の「スズキコンプリート」エアロキットをはじめ、「5ZIGEN」のマフラー、2インチリフトアップKIT、ホイールは「クリムソンDEENクロスカントリー」を装着。タイヤはトーヨータイヤの「OPEN COUNTRY M/T」225/70R16サイズを履いています。内装は、アウトクラスカーズのヴィンテージDXシートカバーによりクラシカルな雰囲気にまとめられています。

JIMNY_8-20190112103023-380x253.jpg JIMNY_7-20190112103022-380x253.jpg

インスタ映えを狙ったという千葉県富津市KLCの「#ジムニー女子」は、ホワイトとピンクの2トーンカラーで、フロントバンパー&グリルのエアロキット「KLC Heritage」を装着。「KLCマフラーカッター」、サスペンション(スプリング)に「KLC 轟 リフトアップサスペンション」「MORITA DAYTONA’S」のホイールに、「VITOUR CARGO VAN」のタイヤ(205/75-16)を装着しています。2台とも公道走行可能なモデルになっています。

(文/写真 塚田勝弘)

あわせて読みたい

   のりものアンテナトップページへ
自動車・バイクの話題が沢山。