【東京オートサロン2019】ルノースポール最強のメガーヌR.S.はフロントシートがポイント!3分で分かるTAS・メーカー編:ルノー・ジャポン

4pt   2019-01-12 14:00
clicccar.com(クリッカー)

時間のない人、気の短い人に最適!自動車メーカーのブースの見どころを、超手短に紹介していきます!

西館ホール1の真ん中辺にルノー・ジャポンのブースがあります。

P1170285-20190111222700-800x450.jpg

このブースの注目点は、何といっても、ブースの最前列に展示されているオレンジ色の「ルノーメガーヌR.S.」です。

P1170287-20190111222701-800x450.jpg

キーワードは「退屈へのレジスタンス」。1.8Lエンジン6ATのパワートレインは、205kW(279ps)、390Nm(39.8kgfm)のスペックを誇り、4コントロール(後輪操舵)も備えた、まさに最強のメガーヌです。このメガーヌR.S.でぜひ試していただきたいのは、フロントシートの「座り心地」です。身体をしっかりと支えるスポーツシートではありますが、しっかりと沈み込みストロークを持っており、腰から肩までを優しくホールドしてくれる、非常によくできたスペシャルなシートなのです。

7e97cc6e3bb5e7df23a0ae371862f891-2019011

その横にあるのがイエローボディの「ルノールーテシアR.S.」です。

P1170296-20190111222703-800x450.jpg

1.6L 6EDC(エフィシエントデュアルクラッチ)をパワートレインは、162kW(2020s)、260Nm(26.5kgfm)を誇り、小柄で軽量なボディも相まって、他のクルマとは一線を画すハイパフォーマンスを実現しています。

IMG_8752-20190111222650-e1547213262313-8

間近で見て気が付いたのが、テールゲートの上部に装着されたリアのウィングが、実に複雑な形状をしている点です。効率的にダウンフォースを得るため、デュアルウィングの様な形状をしており、F1をはじめとするモータースポーツの経験が織り込まれているような点も、ぜひその目で確認してみることをお薦めします。

P1170315-20190111222704-800x450.jpg

ルノー最強のメガーヌR.S.に座り、ドアを閉めると、その重たいドアを閉めているような音からも、ヨーロッパで磨かれたクルマが実にがっちりとしたボディを持っていることが分かります。写真だけでなく、ぜひご自身で体感してみてはかがでしょうか。

(文:吉川賢一/写真:鈴木祐子)

あわせて読みたい

   のりものアンテナトップページへ
自動車・バイクの話題が沢山。