ブガッティが200台目のシロンをラインオフ!残る生産台数はあと300台、このままだと3年ちょっとで限定台数の500台を作りきることに

3pt   2019-07-12 06:00
Life in the FAST LANE.

| ブガッティ・ヴェイロンは450台を作るのに10年かかった |

bugatti-chiron-.jpg

ブガッティが「200台目の」シロンを完成させ、工場から送り出したと発表。
この200台目のシロンは限定モデルの「シロンスポーツ110 Ans エディション」で、ブガッティ創立110周年を記念したクルマ。

このシロンスポーツ110Ansについては限定台数は20台となりますが、これまで公開されたシロンスポーツ110Ansや、今回納車されるシロンスポーツ110Ansのボディカラーはすべて同じで、ということは「シロンスポーツ110Ansのボディカラーはこの1色だけ」なのかも。

ちなみにこのボディカラーは、カーボンの上に「マットクリアブルー」をペイントした「スティールブルー」なる専用色だとアナウンスされています。

ブガッティが最新限定モデル「110 Ans Edition」20台を発売。創立110周年記年、とことんフレンチな仕様が自慢
納車を受けるのはスイスのオーナー

なお、この「200台目の」シロンスポーツ110Ansにはオプションの「スカイヴュールーフ」が装着。
これは開閉自体はできないものの、ルーフに2枚のパネルを使用することで「開放感と、2センチほどのヘッドクリアランス」が手に入るもの。

なお、納車を受けるのはスイス在住のオーナー、とのこと。

48253708047_07fbc98b89_c.jpg

レトロ?フューチャー?ブガッティがシロンのイメージを一新させるオプション「スカイビュー」公開

なお、シロンの生産はすべて「手作業」で行われ、1台の製造にかかるのは「10ヶ月」。
最終段階の仕上げだけでも8週間が必要だといい、とにかく手の混んだクルマということになりそうですね(ブガッティの言う、”クルマと同時に芸術を生み出している”という表現に偽りはなさそう)。

48253636416_9d94718777_c.jpg

ブガッティは2016年にシロンを発売。
生産を開始した2017年には70台を生産し、翌2018年には76台を生産。
そして2019年半ばで累計200台を達成しており、順調に生産が進んでいるということになりますが、2019年には、習熟効果によって通年で80台を生産する予定だとも述べています。

48253636771_319a946735_c.jpg

なお、シロン全体の生産台数は「500台」に限定され、しかしすでに400台の注文を受けている、と以前に報道されています(シロンは購入に際して厳しい審査があり、お金を持っているだけでは買えないため、ほかの限定ハイパーカーに比較して販売ペースが早くない)。

つまり、残る枠はあと100台しかなく、このままのペースで販売と生産が進めば「あと3年半くらいで」500台の納車がすべて完了する、ということに。

ブガッティ「シロンは400台が売れ、180台が納車済み。残る受注枠は100台しかない」。今からシロン後継を開発しないと売るクルマがなくなりそう

ということは、ブガッティは「3年半」の期限がやってくるまでに新型車をなにか投入しないと「その後販売するモノがない」ということになり、しかし当然ブガッティは「そんなことは百も承知」のはず。

となると現段階ですでにシロン後継モデル、もしくは「別の」ニューモデルの開発を開始している可能性が高く、じきになんらかのウワサが聞こえてくるかもしれませんね。

https://www.flickr.com/photos/110074903@N02/48253636581/in/dateposted-public/

VIA:Bugatti

Copyright © 2019 Life in the FAST LANE. All Rights Reserved.

   のりものアンテナトップページへ
自動車・バイクの話題が沢山。