マツダ、「アテンザ」「デミオ」の車名廃止【ブランドイメージ戦略】

14pt   2019-07-12 12:00
新型車情報局

1:へっぽこ立て子@エリオット ★:2019/07/04(木) 16:15:01.43 ID:CAP_USER.net 4a4ef352.jpg

「アテンザ」は「MAZDA6(マツダ・シックス)」、「デミオ」は「MAZDA2」に――。マツダは日本だけで使ってきた愛称風の車名を廃止し、海外向けと統一する。無機質にもみえる簡素な車名は欧州の高級車が多く採用している。マツダブランドを前面に出して高級路線を目指す狙いがありそうだ。

アテンザは2002年に発売し国内で累計約21万台を販売してきた旗艦車種だ。エンジンだけでなくブレーキも制御の対象として走行の安定性を高めるなどの改良を加え、4日から新たな車名で受注を始める。希望小売価格は284万400~423万9000円。8月1日に発売する。

小型車のデミオの車名も「長くかからないうちに変える」(福原和幸常務執行役員)。5月には主力小型車「アクセラ」を全面改良に合わせて「MAZDA3」に変更していた。今後も国内外で同じ車名を使うのを原則とする。

長年親しまれた名称の廃止は販売に響きかねないが、福原氏は「マツダというブランドで選んでもらうのが目的だ。MAZDA3では車名変更がネガティブな要素にはなっていない」と説明する。ただ、単独の商品として強いブランド力を持つスポーツ車「ロードスター」(海外名MX5)は例外として現在の車名を維持する方向だ。

数字やアルファベットを組み合わせた簡素な車名は欧州車に多い。ある大手販売会社の首脳は「マツダ幹部は以前から独BMWのようなブランドを目指すと言っている。車名も意識したのではないか」と指摘する。(岡田江美)

2019/7/4 11:30
日本経済新聞
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO46927500T00C19A7TJC000/ c?ro=1&act=rss&output=no&id=5314740&name
   のりものアンテナトップページへ
自動車・バイクの話題が沢山。