じつは、次期型レンジローバー 現行型ボディでテスト開始 BMWエンジンの噂も

2pt   2019-07-12 11:54
オートカー・デジタル - AUTOCAR DIGITAL

rangerover_190712_03.jpg

もくじ

隠された新型プラットフォーム
生産 英国のソリハル工場で
MLAとは EVにも対応
初のEV 乗用車的な姿に?

隠された新型プラットフォーム

ランドローバーのフラッグシップ、レンジローバーの次期型が登場するのは2年以上先になる見込みだ。しかし、そのプロトタイプは既に英国の公道でテストを行っている。

路上で目撃されたこのテスト車両は、2012年から販売されている現行モデルのボディワークをまとっているものの、そのプラットフォームは明らかに改良されていることがわかる。外から見えるサスペンションやエグゾーストが異なっているからだ。

rangerover_190712_05.jpg

加えてリアのホイールアーチは拡大されており、リア・バンパーは下側が切り取られている。これはホイールベースがわずかに長い新プラットフォームを収めるためだろう。

このプロトタイプはガソリン・エンジン車として登録されているが、排気量や出力を示す手掛かりはない。おそらくジャガー・ランドローバーによる完全新設計の「インジニウム」直列6気筒が、新型レンジローバーの主力エンジンになると思われる。さらに、来年閉鎖が決まっているフォードのブリッジエンド工場で生産されている5.0ℓスーパーチャージドV8「AJ」エンジンに代わり、BMW製の4.4ℓV型8気筒が搭載されるという噂もある。

next page生産 英国のソリハル工場で
   のりものアンテナトップページへ
自動車・バイクの話題が沢山。