新型トヨタ・スープラに、M3のエンジン搭載は「絶対にないとは言えない」 BMW M部門代表

26pt   2019-07-12 17:13
オートカー・デジタル - AUTOCAR DIGITAL

supra_190712_001.jpg

510psのスープラ 誕生の可能性は?

BMW M部門のマルクス・フラシュ代表取締役は、同社の高性能な直列6気筒エンジンを供給する可能性について、完全にドアを閉ざしているわけではないという意思を示した。

つまり、2020年に登場する次期型M3とM4に搭載される最高出力510psのS58型エンジンが、新型トヨタ・スープラのさらなる高性能バージョンに使われる可能性もあるということだ。

supra_190712_002.jpg

この最新世代の直列6気筒は、これまでのところ高性能SUVのX3 MコンペティションとX4 Mコンペティションのみに搭載されているが、今後はM2クーペをはじめ次世代のBMW M製高性能コンパクト・モデルに採用される予定だ。さらに従来の因習を打ち破り、スープラのハイパフォーマンス・バージョンにも搭載される可能性さえある。

ただし今のところ、トヨタは興味を示していないとフラシュは言う。しかし、もし実現すれば、マクラーレンF1のS70型V12エンジン以来初めて、BMW M製エンジンが他社のクルマに供給されることになる。

supra_190712_006.jpg

AUTOCARの取材において、フラシュは次のように語った。「われわれがトヨタにエンジンの供給を提案したことはありませんし、わたしが知る限り、トヨタから要請を受けたこともありません。興味深いアイディアですが、今のところそんな可能性は薄いでしょう。ただ、絶対にないとは言えません」

next page当然、優先するのはBMW車
   のりものアンテナトップページへ
自動車・バイクの話題が沢山。