ブガッティCEO「シロンは時速500キロを出すことも可能だ。ただしタイヤが耐えることができれば、だが」。今でもタイヤはシロンの性能に追いつかない?

15pt   2019-08-13 11:00
Life in the FAST LANE.

| それでも時速420キロ程度は可能になったという話だが |

bugatti-chiron-skyview-roof-1.jpg

ブガッティCEO、ステファン・ヴィンケルマン氏によれば「シロンは理論上、時速500キロも可能だ」とのこと。
これは同氏がAutomobile Magazineに対して語ったもので、現時点ではあくまでも可能性を示したに留まるようですね。

そしてこれによると、エンジン、車体ともポテンシャルを保有するものの、現実的には時速500キロを達成するには「現在の1500馬力”以上の”パワー」が必要であること、そしてパワーを得たとしてもタイヤがその速度に耐えることができない、ということについて触れています。

タイヤについては以前にも言及されていた

なお、タイヤの耐久性についてはシロン発売当初にも言及され、たとえば「わずか2.5グラムしかない」シロンのバルブキャップが、時速420キロの時点では「遠心力によって7.2キロに達する」ともしており、ましてやタイヤともなるとその遠心力に耐えられない、としています。

ブガッティ・シロンの最高速は「タイヤ」に依存。まだまだ速度を出せるものの「耐えられるタイヤがない」

ただ、その後しばらくしてミシュランは「ブガッティ・シロンの最高速にも耐えうるタイヤを開発した」と発表していますが、具体的に何キロまで耐えることができるのかは謎のまま(420km/hくらいまでは耐えられるというウワサ)。

今まで全力で走れなかったブガッティ・シロン。ミシュランが「シロンのパワーに耐えられるタイヤ開発に成功」との報道

ちなみに同じブガッティでも、「ヴェイロン」の場合は特殊なタイヤとホイール構造を持つようで、強力なトルクでも「ずれない」ように設計されてる、と言われます。
ただしその弊害として非常にタイヤが高価なこと(1セット400万円)、タイヤ交換2回に一回でホイールまで交換しないといけない、ということもあるようですね(新品だとタイヤ/ホイールで1700万円)。

そして、どんなに大切に乗ろうとも1000馬力を超えるクルマなので「ちょっと乗っただけで」タイヤがすり減ってしまいそう。

なお、最近だと時速500キロを標榜するクルマは少なくはなく、ケーニグセグ・ジェスコ、SSCトゥアタラ、ヘネシー・ヴェノムF5等があるものの、それらが「タイヤ」について言及したことはなく、一体どういった対策を取っているのかは不明です。

あわせて読みたい、ブガッティ関連投稿
創業110年を迎えたブガッティ。CEOが語る今後のビジョン「高級さと快適さ重視」「クルマを作ると同時に芸術を創り出す」「SUVは絶対にない」
その名はブガッティ「スパルタカス」!ブガッティ初のSUVをイメージしたレンダリングが公開
ブガッティ「そろそろ第二のモデルを手がける時期に来たようだ。それはフルエレクトリック、そして日常性を持ち、価格は1億円を超える」
ブガッティの考える「第二のモデル」はSUV。ウルスをベースに2ドア化して1000馬力、そして年間800台を販売するとの報道
ブガッティ「シロンの下に位置する第二のモデルを検討中だ。シロンの下と言えど、ほかのあらゆるクルマの上に位置するのは間違いない」
ブガッティ「シロンの維持費は(ジェット機並みと言われた)ヴェイロンより安い。とくにタイヤは安価だ」
ブガッティVGTの維持費が一部公開。オイル交換200万円、タイヤ交換1100万円(ヴェイロンは400万円)・・・。

Copyright © 2019 Life in the FAST LANE. All Rights Reserved.

   のりものアンテナトップページへ
自動車・バイクの話題が沢山。