ホンダeの価格は350万円!VW ID.3やリーフとそう変わらない価格なるも航続可能距離は2/3。割高感が否めない中でどう戦う?

20pt   2019-09-11 15:00
Life in the FAST LANE.

| それでもホンダeは一定の人にアピールできるとボクは考える |

honda-e-1.jpg

ホンダがフランクフルト・モーターショーにて、初の量産EVとなる「ホンダe」を正式発表。
加えて、その価格が29,470ユーロ(邦貨換算で約350万円)ということも発表されています。※この価格は政府の優遇措置適用後

このホンダeについては事前の人気が非常に高く、その予約は4万件入っている、という報道も。
価格帯は違えどポルシェ・タイカンの予約が2万件、フォルクスワーゲンID.3が3万件と言われるので、それらよりも多くの人がホンダeに対して購入意思を示しているということになりますね。※ホンダeの納車は2020年夏から

ホンダeはライバルに比べて割高な価格設定?

今回発表された内容によると、ホンダeはシングルモーター搭載、そして出力は134HPと152HP。
バッテリーは35.5kWh で、一回の満充電あたり走行距離は220キロ。

そしてその直前に発表されたフォルクスワーゲンID.3は45kWhのバッテリーパックを搭載して204馬力を発生し、航続可能距離は330km、価格については「目標340万円以下」だと発表されています。

48709040937_affb27e192_b.jpg

VWが初の量産ピュアEV「ID.3」発表!「思想的にはビートルの再来だ。価格については340万円以下にできるよう頑張る」

価格だけ見るとホンダeもフォルクスワーゲンID.3もほぼ同じように見えますが、出力だとVW ID.3のほうが30~50%ほど高く、走行可能距離もID.3のほうがホンダeの1.5倍。

ちなみに日産リーフのベースモデルに採用されるバッテリーは40kWh、出力は150馬力、航続可能距離は322km、価格は3,243,240円。

つまり、これらの中でもっともコストパフォーマンスが高いのはVW ID.3ということになりそうで、もっとも「割高」なのがホンダe。

しかしホンダeはその割高な価格設定を納得させられるだけの装備を持つようです。

48714362078_3a31597da7_b.jpg

ホンダeは先進装備でそのビハインドを埋めようとしている

ホンダeは134馬力のベースグレードの他、152馬力の「アドバンス」が存在し、こちらの価格は32,470ユーロ。

両グレードともバッテリーの80%までを30分で充電できる急速充電器対応となり、ホンダeの大きなセールスポイントとなる「サイドカメラミラーシステム」が標準装備。
オプションとしてはプレミアムオーディオシステム、パーキングパイロットが用意される、とのこと。

さらに「5つのスクリーン」を持つ、ダッシュボード左右に広がるモニターやインフォテイメントシステムはホンダeの大きな特徴でもあり、8.8インチのメインメーター、12.3インチ×2のインフォテイメントスクリーン、これに2つの後方確認用ディスプレイを備え、これらを合計すると、なんと「54インチ」という巨大さを誇ります。

48714691661_e4d3493119_b.jpg

もちろん、これらをもって他社製EVとの性能差を埋めることができると言い切れませんが、そもそもEVは経済性を重視して購入するモノではなく(どう考えても、トータルではガソリン車のほうが得)、かつ今の段階では「新しいモノ好き、ガジェット好き」の人が購入すると思われるので、価格の安さよりも、ホンダeのような「テクノロジー感」を表に出したほうが訴求力が強いのかもしれません。

実際のところホンダがどう考えたのかは不明ですが、ホンダeのやり方は「なんともホンダらしいのではないか」と考えています。

なお、ホンダによる、ホンダe発表に関するプレスリリースは下記の通り。

街中での取り回しの良さと力強いモーター・後輪駆動によるHondaならではの走りの楽しさを実現したHonda e量産モデルを世界初公開しました。EV走行距離は200km以上を達成し、30分で80%まで充電する急速充電にも対応。都市型コミューターによる使い勝手も考慮した性能としています。エクステリアは継ぎ目がない滑らかなデザインとし、ポップアウトドアハンドルやサイドカメラミラーシステムを採用しています。
インテリアはラウンジのようなシンプルな空間をイメージし、直感的に使いやすい2画面の大型タッチパネルモニターを搭載しています。また先進のAIを用いたコネクテッド技術による「Honda Personal Assistant」でユーザーの都市型ライフスタイルとクルマをシームレスに繋げます。Honda eはドイツ、イギリス、フランス、ノルウェーで既に先行予約を開始しており、2020年初夏より順次デリバリーを開始していきます。

VIA:HONDA

あわせて読みたい、ホンダe関連投稿
欧州にて初代シビック風EV「ホンダe」予約開始!ボディカラーは5色、納車は2020年春より開始
ホンダ初のEV、「ホンダe」にはデジタルミラーが標準装備!「死角を50%減らし、夜間もより安全に」。いち早い普及を求む
ホンダ初のEV、ホンダeの詳細がちょこっとだけ公開。プラットフォームは専用設計、重量配分は50:50、駆動輪はなんと後輪
【動画】ホンダeの試乗レビュー登場!S2000以来の後輪駆動、そして「このクルマに悪いところを見出すことは難しい」
ホンダが久々の後輪駆動車を発表!ただしEVの「ホンダe」。重量配分は50:50、サイドカメラ装備、内装のモニターサイズは合計54インチ

Copyright © 2019 Life in the FAST LANE. All Rights Reserved.

   のりものアンテナトップページへ
自動車・バイクの話題が沢山。