新型BMW M8グランクーペ発表!コンセプトモデルそっくりのゴールドアクセントを持つ「1stエディション」も登場

6pt   2019-10-09 11:00
Life in the FAST LANE.

| BMWいわく「M8グランクーペはもっともエキゾチックで魅力的なBMW | bmw-m8-gran-coupe.jpg

BMWがついに「M8グランクーペ」をアンヴェール。
M8についてはすでに「クーペ」「コンバーチブル」が公開されていますが、これらについてはいずれも2ドア。
しかしながら、今回4ドアを持つ「グランクーペ」が加わる、ということになります(BMWはクーペ風4ドアセダンを”グランクーペ”と表現する)。

新型BMW M8グランクーペに搭載されるエンジンは他のM8シリーズ同様に4.4リッターV8/600馬力、そしてトランスミッションは8速Mステップトロニック、駆動方式は4WD(xDrive。もちろん2WD化も可能)。
つまりパワートレインに変更はなく、M8グランクーペは0-100km/hを3.3秒で加速し、最高速度は303km/hをマークします(オプションのMドライバーズパッケージ装着時)。

M8グランクーペは「4ドアならではの」チューンが施される

なお、ほかのM8ラインアップ同様、M8グランクーペにもハードコアモデル「コンペティション」が用意され、これは出力が625馬力へと向上し、これによって0-100km/h加速は3.2秒へ(最高速度は305km/hと変わらず)。

M8グランクーペは「4ドア」を採用することでボディ構造やディメンションが大きく変わりますが、そのためにフロントサスペンションではトルクアームやコントロールアームを専用に再設計。
リアサスペンションにおいてもリンクやアンチロールバーの強度を上げている、とのこと。
そのほかにもバルクヘッドの強化、Xブレースバーによる補強などがなされているようですね。

M8グランクーペには「ファースト・エディション」が設定

M8グランクーペにおける一つのトピックは「ファースト・エディション」の設定。

48867952847_73258a05dd_c.jpg

これは”コンセプトM8グランクーペ(下の画像)”風のルックスを与えた初回限定モデル(400台のみ)で、ボディカラーはオーロラダイヤモンドグリーンメタリック(US仕様はディアマントグリーンメタリック)、そしてゴールドアクセントつき。
もちろん「ゴールドアクセント」はコンセプトM8グランクーペに採用されていたもので、これを再現したということになりますね。

bmw-concept-m8-gc-geneva-6.jpg

BMWが”コンセプトM8グランクーペ”発表。「もっともエキゾチックで、もっとも魅力的なBMWだ」

48867234688_3182e7debd_c.jpg

M8グランクーペ「ファーストエディション」のホイールは専用カラーとなり、これは通常版のM8グランクーペには存在しないフィニッシュです。

48867234623_4873944fe7_c.jpg

もちろん「ゴールドアクセント」もこのファーストエディションのみに与えられる特別装備。

48867234473_70c49d073d_c.jpg

M8グランクーペ・ファースト・エディションのインテリアも特別製となり、タルマ・ブラウンのメリノレザーを使用したエレガントなもの(北米仕様はアイボリーメイン)。

48867952522_8625d6eaf2_c.jpg

シート表皮にはパンチング、ダイヤモンドステッチが入ります。
カーペットもブラウンにアイボリーのトリミングが入る特別品。

48867752246_71cc543390_c.jpg

”通常版”M8グランクーペはこうなっている

そしてこちらは限定モデルではない「通常版」M8グランクーペ。
キドニーグリルのフレームとインナー、サイドギル、ドアミラー、ウインドウモールはブラック仕上げ。

48867234228_6794a741e5_c.jpg

20インチホイールはブラックにダイヤモンドカット。
ブレーキキャリパーはゴールド。
ほかのM8シリーズ同様、効き具合を「スポーツ」「コンフォート」2段階に調整可能です。

48867752146_e999b4ef67_c.jpg

リアスポイラー、リアエプロン、4本出しテールパイプもハイグロスブラック仕上げ。

48867234173_2330862192_c.jpg

そしてこちらはインテリア。
レッドのMボタンを持つMレザー・ステアリングホイール、デジタルメーター/コントロールディスプレイ/ヘッドアップディスプレイはM専用デザインに。
なお、「8シリーズ」のシフトレバーはスワロフスキー・クリスタルですが、M8シリーズはレザー巻きですね。

そのほかはMスポーツシート、2トーンレザートリム、自光式Mバッジも特徴として挙げられていますが、4ドアということもあり、後部座席のシートは大きくスペースが拡大。
クーペに比べてショルダー部分の幅が広くなり、レッグルームは201ミリ拡大。
リアシートは40:20:40の分割式を採用しています。

48867952672_886cbc874b_c.jpg

M8グランクーペにはカーボン製オプションも

そして新車発表とほぼ同時に公開されるのが専用オプション。
M8グランクーペについては「Mエクステリアパッケージ」が用意。

48867952182_b1dd4b9d35_c.jpg

これはカーボン製ドアミラー、リアディフューザー、リアスポイラー、フロントエアインテーク等がセットになったもの。

48867952227_6c853e327c_c.jpg

新型M8グランクーペについては今のところ日本での価格や発売日等のアナウンスはなく、欧州や北米だと2020年はじめから納車がはじまり、M8グランクーペは130,000ドルから、M8グランクーペ・コンペティションは143,000ドルからのスタート、とアナウンスされています。

48867952922_b7379c6a48_c.jpg

VIA:BMW M

Copyright © 2019 Life in the FAST LANE. All Rights Reserved.

   のりものアンテナトップページへ
自動車・バイクの話題が沢山。