最高速度120kmに引き上げの新東名 「速度差による事故なし」と発表

5pt   2019-10-09 23:08
乗り物速報

ba2e6060-s.jpg
1: 2019/10/07(月) 19:00:33.71 ID:ASMG8aAv9

最高速度が、時速120キロに引き上げられた新東名の一部区間での事故について、警察は速度差による事故はなかったと明らかにしました。

新東名の新静岡・森掛川間の上下線、約50キロの区間は、今年3月から最高速度が時速120キロに引き上げられました。

半年間で対象区間での事故は、163件と前の年と比べ23件増えましたが、県警は、大型連休を中心に交通量が増えたことが主な原因と分析しています。

一方で、懸念されていた速度差による事故は起きておらず、県警は区間拡大に向けた検討を進める方針です。

c?ro=1&act=rss&output=no&id=5647555&name

   のりものアンテナトップページへ
自動車・バイクの話題が沢山。