メルセデス・ベンツの最高級SUV、「マイバッハGLS」がほぼ偽装なしで走行中。この巨大さを見よ

8pt   2019-10-10 00:07
Life in the FAST LANE.

| まわりのクルマが小さく見える |

mercedes-maybach-gls.jpg

メルセデス・マイバッハGLSと見られるプロトタイプが走行中。
ベントレー・ベンテイガ、ロールスロイス・カリナンの対抗馬という位置づけで、「限定ではない」マイバッハのSUVとしては初の市販モデルとなります。

「マイバッハ」はかつて独立したブランドではありましたが、現在ではメルセデス・ベンツの中に格納され、「メルセデス・マイバッハ」として、メルセデス・ベンツのグレードの一つ、というポジションです。

現在メルセデス・ベンツとしては、ベースとなる「メルセデス・ベンツ」、ハイ・パフォーマンス版の「メルセデスAMG」、ラグジュアリーモデルとしての「メルセデス・マイバッハ」という構成を持ちますが、それぞれの差異については主に「フロントグリル」で表現しているようです。

メルセデス・ベンツについては横方向のウインググリル(ルーバーは1本か2本)、縦方向の力強いルーバー(パナメリカーナ・グリル)を持つAMG、そして細い縦ルーバーの奥に横方向ルーバーを組み合わせた「格子状」グリルを持つのがマイバッハ、という感じですね。

そして今回目撃されたプロトタイプについては、格子状グリルを持つために「マイバッハの可能性が高い」ということになりそうです。

メルセデス・マイバッハGLSはおそらく「もっとも売れたマイバッハ」となりそう

SUVとしてのマイバッハは、過去に限定モデルとして「メルセデス・マイバッハG650ランドーレット(99台限定)」が存在しますが、これは「富裕層向けのエレガントなオフローダー」。
非日常性を押し出したものだとも捉えてよく、しかし今回のメルセデス・マイバッハGLSはその対極(つまり日常的なSUV)にあると考えて良いかもしれません。

48867627356_f0ff395d6b_c.jpg

そして今回のメルセデス・マイバッハGLSについて、その名の通りGLSをベースにしており、よって生産されるのはGLSと同じアメリカのアラバマ工場となる可能性が大。

ちなみに、アメリカで生産されるもっとも高価な(限定ではない)量産車はホンダNSXだとされますが、このメルセデス・マイバッハGLSについてはそれを超えることになる、とも報じられています。

48867110238_2dffb6afaa_c.jpg

そしてGLSとの差異ですが、かなり「微妙」な内容ではあるものの、フロントバンパー内のロワーグリルがGLSよりもちょっと上のポジションにあるようです。
GLSの場合は、フロントグリルの下辺あたりにロワーグリルの上辺が位置しますが、マイバッハGLSではロワーグリルが上の方にあり、これによってちょっと印象が変わっているようですね。

48867827662_0fde4c7699_c.jpg

さらにはホイールも高級車にふさわしいマルチスポークに。

48867827672_eeebf72732_c.jpg

リアだとテールパイプの内側にバー状のインサートが見えますね。

48867627376_e203e20651_c.jpg

現在メルセデス・マイバッハGLSの詳細については全く謎。
パワートレインについては「V12」は見送られるだろうと言われ、「GLS580」同様の、48ボルト・エレクトリックシステムとV8エンジンとを組み合わせた489馬力のマイルドハイブリッド(ISG)となるだろうという説が有力。

ただしその内装はGLSとは大きく異なるものになるという見方が強く、後席は完全に分離したキャプテンシートになるともウワサされています。

価格についても情報はなく、「今年の冬」と言われる発表を待つしかなさそうですね。

VIA:CARSCOOPS

Copyright © 2019 Life in the FAST LANE. All Rights Reserved.

   のりものアンテナトップページへ
自動車・バイクの話題が沢山。