年収210万の車カス56歳!8万円の罰金払ったばかりでも煽り運転がやめられない!その理由wwwwwwwwww

35pt   2020-11-21 10:30
乗り物BLOG



(出典 年収210万の車カス56歳!210万円から8万円の罰金払ったばかりでも煽り運転がやめられない!)

1 クロオコックス(SB-Android) [EU] :2020/08/25(火) 11:29:14.65


あおり運転しか生きがいがない56歳男性の怒りのトリガー
https://news.yahoo.co.jp/articles/9b951f4af73e7b7e97817e45ab5faa2b88515a22

東京都に住む配達ドライバーの林弘重さん(仮名・56歳)は、あおり運転をやめられない。ここ5年間で4度の接触事故を起こし、スピード違反で8万円の罰金を払ったばかりだ。なぜ危険運転を繰り返すのか。週刊SPA! 取材班が、林さんに聞いた――。

【写真】スピード違反で止められ記念撮影。罰金8万円の支払いは、妻に肩代わりを頼んだ

 ※本稿は、吉川ばんび、週刊SPA! 取材班『年収100万円で生きる-格差都市・東京の肉声-』(扶桑社新書)の一部を再編集したものです。

■「わかってないやつのせいで事故が起きる」

----------
林 弘重さん(仮名・56歳)男性
出身/東京都
最終学歴/高校
居住地/東京都
居住形態/持ち家
年収/210万円
職業/配達ドライバー
雇用形態/契約社員
婚姻状況/既婚
----------

 2019年8月。高速道路上で高級外車に乗った中年男性が執拗にあおり運転を繰り返し、車を停車させて男性を殴った「常磐自動車道あおり運転殴打事件」。同乗の女性が携帯で動画撮影をしたことがワイドショーでも注目を集め、危険な行為として社会問題化した。しかし、以降もあおり運転での逮捕は相次ぎ、ついには運転中に歩行者をエアガンで撃つ者まで現れた。

 これらの問題を受けて、政府は同年12月、「あおり運転」について危険運転致死傷罪の適用拡大や免許取り消しといった厳しい行政処分を科す方針を打ち出した。一般では対策としてドライブレコーダーの搭載が一気に広まるなど、まさに2019年は“あおり運転元年”といえるかもしれない。同章では、そんな“心の貧困”とも呼べる人たちを見ていきたい。

 東京都に住む会社員の林弘重さん(仮名・56歳)は、そんなあおり運転をやめられないでいるひとりだ。ここ5年間で4度の接触事故を起こし、スピード違反で8万円の罰金を払ったばかりだが「道路を走るときは、ドライバー同士があうんの呼吸で流れるように走もの。俺は流れに乗って運転しているのに、わかってないやつのせいで事故が起きる」と持論を展開する。

 右折時に対向車の出足が遅いと思えば急接近、青信号で発進するタイミングが“わかっていない”と思えば急接近……と、日常的にあおり行為を行っているのだ。


(出典 年収210万の車カス56歳!210万円から8万円の罰金払ったばかりでも煽り運転がやめられない!)


c?ro=1&act=rss&output=no&id=8319678&name
   のりものアンテナトップページへ
自動車・バイクの話題が沢山。