【悲報】米国の消費者信頼度マツダさん1位の裏でテスラさんは最下位から2番目だったwwwwwww

28pt   2020-11-21 20:38
サイ速

1: 田杉山脈 ★ 2020/11/20(金) 20:27:25.25 ID:CAP_USER スタンダード・アンド・プアーズ(S&P)の500入りを控えて株価の右肩上がりを続けている米国電気車会社テスラが消費者の信頼度評価で最下位水準となったということが分かった。

米国消費者専門メディア「コンシューマーリポート」は19日(現地時間)、自動車の所有主30万人を対象にした信頼度調査でテスラが最下位水準である25位となったと伝えた。

テスラは100点満点の消費者信頼度評価で29点にとどまった。

コンシューマーリポートはテスラ4車種の中で普及型セダン「モデル3」に対してのみ「信頼性できる」車種として推薦した。

他のテスラモデルに対しては低評価した。「モデルY」は車体のパネル状態に一貫性がなく、車両塗布も一致しないという消費者の指摘を紹介した。「モデルS」は路面衝撃吸収装置であるエアサスペンション、走行制御メインコンピュータとタッチスクリーン装置で問題点が報告されたと伝えた。

26ブランドの中で最下位はフォードのプレミアムブランド「リンカーン」だった。

その他ブランドの中ではメルセデス・ベンツ(20位)、キャディラック(21位)、フォード(22位)、ミニ(23位)、フォルクスワーゲン(24位)などが下位圏にランクインした。韓国ブランドの中では現代自動車が信頼度62点で昨年に続き6位の座を守った。

現代車の車種の中で「コナ」が87点で最も良い信頼度評価を得ており、「ツーソン」(78点)、「パリセード」(65点)、「コナ・エレクトリック」(54点)、「アイオニック」(47点)、「ソナタ」(43点)の順だった。

起亜車(45点)は従来より6ランク下落した15位にとどまった。

起亜車種の中では「テルライド」と「スポーテージ」がそれぞれ83点、81点で高い点数を記録したが、「ソウル」と「ニロEV」がそれぞれ19点、「フォルテ」が13点を得て全体平均を下げた。

信頼度1位は83点を得た日本自動車会社マツダだった。

2位はトヨタ(74点)、3位はレクサス(71点)が占めた。

CNBCはレクサスをはじめ、トヨタ系列のブランドが信頼度調査で1位の座を明け渡したのは15年ぶりに初めてだと伝えた。


※納車日に屋根が吹き飛んでしまったテスラ車
41afef1a-s.jpg


https://japanese.joins.com/JArticle/272511
引用元 https://egg.5ch.net/test/read.cgi/bizplus/1605871645/ c?ro=1&act=rss&output=no&id=5966062&name
   のりものアンテナトップページへ
自動車・バイクの話題が沢山。