トヨタ、北米市場向けのプリウスcに幾つかのアップデートを加えることを発表

21pt   2017-01-12 06:00
Moter Sounds

98cb0e6f-s.jpg
トヨタは、北米市場で販売している最小のハイブリッドカー"Toyota Prius c"(日本では"Toyota Aqua"として販売)の2017年モデルに幾つかのアップデートを加えることを発表した。


関連:CM Watch:トヨタ プリウス プライム(PHV)のセーフティセンス "P"はこんなことにも使える・・・!?


フロントバンパーとサイドロッカーパネル、リアバンパーのデザインを微調整した上、ブラックのリアスポイラーの装着やアロイホイールを標準とするなどで、外観をよりスポーティなものへと改める新しいプリウスcは、それに加えて、エマージェンシーブレーキやレーンディパーチャーアラートを含めた安全/運転支援システムのパッケージ"Toyota Safety Sense C"を標準としたのが大きな改良点となる。


なお、トータル99hpの排気量1.5Lユニットベースのハイブリッドシステムは、そのままキャリーオーバーされるようだ。


Source:MotorTrend


a99d3bc7-s.jpg

87646696-s.jpg

fd77433c-s.jpg

9f5e3710-s.jpg

8cd55696-s.jpg

0f559e70-s.jpg

85db105e-s.jpg

c?ro=1&act=rss&output=no&id=4091912&name
   のりものアンテナトップページへ
自動車・バイクの話題が沢山。