トヨタ、TNGA採用の新型「カムリ」を発表 日本でも夏頃発売へ

65pt   2017-01-12 19:20
新型車情報局

1:海江田三郎 ★:2017/01/10(火) 20:19:00.47 ID:CAP_USER.net http://autoc-one.jp/toyota/camry-hybrid/special-3102106/

1e6e5986-s.jpg

3bbb37a1-s.jpg

3df81e31-s.jpg

「おお、カッコいいじゃないか!」。
トヨタの豊田章男社長がじきじきに紹介し、ステージ上に登場した新型「カムリ」。会場内にいる大勢のアメリカ人たちから声が上がった。
北米仕様のボディサイズは、全長4859mm×全幅1839mm×全高1440mm、ホイールベースが2826mm。
前モデルと比べると、少し小さく見えるほどボディの凝縮感が強い。

過去15年間に渡り、アメリカの乗用車販売トップに君臨してきた「カムリ」。ミッドサイズセダンの王道であるがゆえに、
デザインで大きな賭けをしたことはなかった。それが、今回は一気にスポーティセダンへと変貌したのだから、
会場につめかけたメディアが実車を見て驚くのも当然だ。

TNGAを採用した新型カムリは今年の夏、日本でもデビュー
変貌の源は、トヨタが世界市場向けの新プラットフォーム、ワールドアーキテクチャーとして開発したTNGAだ。
TNGAを基盤とした、ドライビングダイナミクスを追及した結果、前モデルと比較するとルーフ部分で約2.5cm、
ボンネット部分で約4cmも低くなった。車全体の重心が下がり、ボディ全体がズッシリとしたスポーティ性が芽生えたのだ。
乗員のヒップポイントで見ても、前モデル比では、前席で約2.5cm、後席で約3cm低くなった。
そして、インテリアもスポーティな雰囲気がムンムン。特に、センターコンソールのデザインカットラインが特徴的だ。
そのなかにカーナビなどタッチパネルが組み込まれている。また、フルカラーで10インチのヘッドアップディスプレイも採用した。

ハンドリングもスポーティ性にこだわったセッティングを進めてきたという。
>>日本でもこの夏デビュー、大変貌を遂げた新型カムリを写真で見る(画像34枚)
エンジンは北米仕様では3タイプ。標準車には2.5リッター直4には8速AT、さら3.5リッターV6と、新型THS-IIによるハイブリッドが加わる。

カッコいいスポーティセダンへの生まれ変わった、新型「カムリ」。日本仕様は今年夏頃、カローラ店、トヨペット店、ネッツ店、さらに東京地区では東京トヨタで発売予定だ。 c?ro=1&act=rss&output=no&id=5314740&name
   のりものアンテナトップページへ
自動車・バイクの話題が沢山。