【クルマ】富士スピードウェイ50周年 輝かしい日本のモータースポーツ史とは

3pt   2017-03-21 07:00
くるまにあ速報

1816d52b-s.gif
1: 2017/03/20(月) 22:06:16.85 ID:CAP_USER9 1966年の1月、富士山の麓に日本を代表するサーキットが誕生した。その名は富士スピードウェイ! 
そう、『週刊プレイボーイ』と富士スピードウェイは共に昨年、50周年を迎えた、同い年の「タメ」なのだ!(学年はひとつ違うけど…)

その富士スピードウェイで3月12日、開業50周年イベントの掉尾(とうび)を飾る「FUJI WONDERLAND FES!」が行なわれ、これまで富士スピードウェイを彩ってきた伝説の名車やドライバーたちが大集! 富士山麓に懐かしいエキゾーストノートを響かせながら、
集まった3万1千人のファンを魅了した。

ちなみに、週プレと富士スピードウェイが「タメ年」なのは、決して偶然ではない…。1966年といえば、東京オリンピック開催から2年後。
ビートルズが武道館で伝説の来日公演を行ない、東名高速に続いて、前年には名神高速道路が全面開通。後に「マイカー元年」と呼ばれたこの年には、初代トヨタカローラが誕生するなど、自家用車の普及で日本の「モータリゼーション」(懐かしい言葉…)が急速に
進んだ年としても知られている。

終戦から20年を超え、そんな「アゲアゲ」の空気の中、週プレにとって女のコや音楽やファッションと共に「クルマ」がすごく大切なテーマだった時代に日本の「カーレース」を大きく発展させたのが、1962年に開業した鈴鹿サーキットに続いて、この年、新たに「国際規格サーキット」として誕生した富士スピードウェイだったのである。

そんなワケで「富士スピードウェイの50年」は、そのまんま「週プレの50年」の歩みとも重なっている。この日、時空を超えてサーキットを駆け抜けた、 伝説のレーシングカーやドライバーたちの記憶は、いわば週プレ50年の歴史の中でそれぞれの時代が刻んだ「柱の傷」みたいなモノだと言っていいのだ。

http://wpb.shueisha.co.jp/2017/03/20/81793/ 元スレ:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1490015176/
c?ro=1&act=rss&output=no&id=6164522&name
   のりものアンテナトップページへ
自動車・バイクの話題が沢山。