ロータス・エキシージ・カップ380 公道走行対応の最もハードコアなエキシージ

43pt   2017-04-21 01:16
オートカー・デジタル - AUTOCAR DIGITAL

cup380_170421_001.jpg

62kgの軽量化 1057kgのエキシージ誕生

ロータスの最新コレクターズ・アイテムとでも言うべき、60台限定のサーキット志向モデル「ロータス・エキシージ・カップ380」が公開された。価格は£83,000(1,163万円)だ。

カーボンファイバーのパーツを増やすことで、車重をわずか1057kgに抑えたこのモデル。通常のエキシージに比べて62kgのウェイトダウンに成功している。一方で、サーキット専用モデルの「レース380」と比べれば59kgかさむものの、0-97km/h加速タイムは3.4秒という駿足ぶりだ。

エンジンは、スポーツ380およびレース380と同じ3.5ℓV6スーパーチャージド・エンジンで、最高出力380ps、最大トルク41.7kg-mを誇る。

つまりカップ380のパワー・トゥ・ウエイト・レシオは、360ps/tということになる。

next pageカーペット、ガスダンパーまで軽量化対象に
   のりものアンテナトップページへ
自動車・バイクの話題が沢山。