魅力を増した新型XVは、スバルSUVの次世代エースになれるか?

13pt   2017-04-21 00:00
carview - magazine

[試乗レポート] スバル インプレッサ XV

01_l.jpg全幅1800mm×全高1550mmは都会派だから

春の軽井沢のクローズドコースで新型スバルXVを試乗した。前々日に降った季節外れの雪によってコース脇には雪が残っていたが、なんとか舗装路を走らせることができた。結論から申し上げると、乗り心地、ハンドリング、商品的魅力の面で非常によくできていた。インプレッサが昨年のモデルチェンジで新しい車台を得て飛躍的にハンドリングと乗り心地を向上させたため、ベースがインプレッサのXVもそうなったという図式だ。

XVはインプレッサをベースに、ロードクリアランスを高め、フェンダーモールやルーフレールなど、アクティブなルックスをまとった派生モデルとして、2010年に初代が登場した。車名は初代のみインプレッサXVで、12年にモデルチェンジした2代目から単にXVとなった。インプレッサがモデルチェンジしてしばらくしてから登場するのがパターンだ。

新型のサイズは先代とほぼ同じ。正確には全長が15mm、全幅が20mm拡大した。その結果、全幅は1800mmとなったが、これはミラーを含まない数値であり、ミラー形状を変更している新型のミラーを含む車幅は先代の2019mmと変わっていない。全高は1550mmで変わらない。都市型SUVの代表格であるXVはほとんどの立体駐車場を利用できるよう全高は1mmも上げるわけにいかなかった。ちなみに、ルーフレールを装着すると1595mm、シャークフィンアンテナを装着すると1575mmとなる。

   のりものアンテナトップページへ
自動車・バイクの話題が沢山。