GTSよりライトチューンなBMW M4 CSが発表される。ニュルのタイムは7分38秒

6pt   2017-04-21 00:00
carview - magazine

[フォト] BMW M4 クーペ

01_l.jpgサーキットもオンロードも楽しむためのM4が登場

4月19日、BMWは上海ショーで「M4 CS」を発表しました。世界700台限定で発売されたトラック・スペシャルのM4 GTSと、M4コンペティションパッケージの間を埋めるモデルとなっています。トランスミッションはDCT仕様のみの設定で、価格は11万6900ユーロ(約1370万円)。

カーボン地で成型されたM4 CS専用のフロントのリップ、CS専用にデザインされたカーボン地のトランクリッド・スポイラー、M4 GTSと同じリアディフューザーとのコンビネーションでダウンフォースを高めるとのこと。テールランプはM4 GTSでも採用された有機EL仕様。また、エンジンフードもCFRP製となるなど、軽量化のためCFRPパーツの使用範囲が拡大された結果、車両重量はコンペティションパッケージより10kg軽い1580kgとなります(M4 GTSは1510kg)。

3.0LエンジンはM4コンペティションパッケージから10hp引き上げられた460hp。0-100km/h加速はコンペティションパッケージより0.2秒速い3.9秒となっています。ニュル北コースのラップタイムは、ウォーターインジェクションを備え500hpを発揮するM4 GTSに10秒遅れる7分38秒をマークしたとのこと。欧州複合サイクル燃費は8.4L/100km(約11.9km/L)。

装着タイヤサイズは前265/35R19、後285/30R20で、セミスリックのミシュラン パイロット スポーツ カップ2を標準装着。一般道でも使うなら、ウエット性能の高い最新のパイロット スポーツ 4Sあたりに履き替えたくなるかもしれません。

インテリアではレザー&アルカンターラでトリムした軽量のMスポーツシートや、コックピット全面に採用されたアルカンターラ、ナイロンテープで軽量化したドア・ストラップなどが見どころです。

次のページ>>スペック

   のりものアンテナトップページへ
自動車・バイクの話題が沢山。