ブラック×オレンジ。ナイスなカラーのマクラーレン570Sが目撃される

12pt   2017-04-21 17:30
Life in the FAST LANE.

mclaren-570s-c865210042017192020_5.jpg?r

ドイツはシュトゥットガルトにて、ブラックのマクラーレン570Sが目撃に。
ボディカラーやホイールはブラックで統一していますが、一方でエアロパーツにはオレンジのアクセント。
なおブガッティ・ヴェイロンもブラックとオレンジの仕様があり、ポルシェでも911(997)GT3RSではブラックとオレンジのコントラストカラーが人気でしたが、欧州ではこの(ブラックとオレンジの)組み合わせが好まれるのかもしれません。

マクラーレン570Sはもともとテールランプやウインカー、ヘッドライト、リアサイドマーカーがスモークもしくはブラック仕上げとなっており、ブラックのボディカラーとのマッチングは上々。

mclaren-570s-c865210042017192020_7.jpg?r

加えてリアバンパーやディフューザーなどももとからブラックもしくはダークメタリックグレーなので、やはりブラックのボディカラーを選ぶと車体が引き締まって見えるようです。

mclaren-570s-c865210042017192020_1.jpg?r

オレンジのラインはフロントスプリッターからサイドウイング、リアディフューザーまで。
通常なら「やってしまいそうな」ドアミラーはブラックのまま、つまりアクセントは車体下部に集中しており、これが視覚的に車を低く見せているようです。

mclaren-570s-c865210042017192020_2.jpg?r

ブレーキキャリパーもオレンジ。
おそらくこのオーナーさんは購入時からこのカスタムを行う、という明確なヴィジョンがあったのでしょうね。

mclaren-570s-c865210042017192020_3.jpg?r

VIA:AUTOGESPOT

Copyright © 2017 Life in the FAST LANE. All Rights Reserved.

   のりものアンテナトップページへ
自動車・バイクの話題が沢山。