【動画】20年前と現代のトヨタ・カローラを衝突させてみたら…進化を感じる実験結果に!

48pt   2017-05-19 08:00
乗り物動画のモトディスコ

ff9ac582.jpg
オーストラリアの自動車アセスメント「ANCAP」の日本車を使った実験が興味深かったので紹介します。その実験とは、日本が誇る大衆車トヨタ「カローラ」の1998年製と2015年製の車両をそれぞれ時速65キロで走らせオフセット衝突させてみるというもの。実験の映像をみると、昔のカローラは衝突の影響で、キャビン内部にあるハンドルやメーター類がドライバー側に押し出されていますが、現代のカローラはエアバッグがあるうえ、キャビン部分には事故の影響は殆どなく、ライフスペースがしっかり確保されているのが分かります。衝撃の吸収力が格段に進化!すごいなコレ。 c?ro=1&act=rss&output=no&id=2318393&name
   のりものアンテナトップページへ
自動車・バイクの話題が沢山。